容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

認知療法 ポイントの身近な情報を収拾しました

  1. 2009/12/06(日) 16:58:36|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
認知療法 ポイントがちょっと気になっています。
認知療法の世界へようこそ
価格: 1,260円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
うつ・不安をめぐるドクトルKの冒険岩波科学ライブラリー 著者:井上和臣出版社:岩波書店サイズ:全集・双書ページ数:124p発行年月:2007年08月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)「私はダメだ」「どうせ私は幸せになれない」と苦しむ人に、問いかけます。「なにがあなたを悲しくさせるのですか?」「あなたと同じ立場で苦しんでいる人がいたら、どんなことを言ってあげますか?」?会話のやりとりから自分が抱える問題と向き合う。自分の物事の受け止め方のパターンを自覚し、現実との隔たりを修正する。それが、うつ病など精神疾患の治療法として注目される認知療法です。本書では精神科医・ドクトルKの物語として、その扉を開きます。【目次】(「BOOK」データベースより)序章 旅立ち/第1章 出会い(ドクトル・ベック/『思考とうつ病』/スキーマと自動思考)/第2章 うつと不安を超えて(うつ病/パニック障害/強迫/社会恐怖)/第3章 拡がりゆく世(コカインからの帰還/愛がすべてか?/スキーマの鉱脈)/終章 星々へ【著者情報】(「BOOK」データベースより)井上和臣(イノウエカズオミ)1952年徳島県生まれ。1977年京都府立医科大学卒業。1980年京都府立医科大学精神医学教室助手、1986年同講師、1988年ペンシルベニア大学認知療法センター留学、1989年京都府立精神保健総合センター所長、1990年鳴門教育大学学校教育学部助教授、1998年同教授。1983年医学博士(京都府立医科大学)。日本認知療法学会幹事(事務局長)。専門は精神医学、認知療法(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 美容・暮らし・健康・料理> 健康> 家庭の医学
Supported by 楽天ウェブサービス



ヒルズ 犬 b/d ドライ 3Kg

価格: 5,570円 レビュー評価: レビュー数:

【製品特長】神経組織は特にフリーラジカルによる侵襲を受けやすく、脳の加齢に伴うフリーラジカルによる損傷は、行動の変化や認知障害として現れます。<犬用>b/dは、坑酸化成分(ビタミンE、ビタミンC、セレン、ベータカロテン)、添加した果物と野菜に由来するカロテノイドとポリフェノール、ミトコンドリア補因子(リポ酸、L-カルニチン)、およびその他の栄養素(DHA、EPA)からなる特許出願中の独自の配合となっており、フリーラジカルによる損傷からの保護に役立ちます。【代謝エネルギー】360kcal/100g 脳の加齢および、それに関連した行動の変化がある犬に。 高齢犬の加齢性の行動異常を改善し、その学習能力と敏捷性を向上させます。 蛋白質が制限され、ナトリウムとリンが低くなっており、高齢犬の心臓や腎臓の健康維持にも役立つ成分含有です。 【使用が推奨されない病態等】妊娠/授乳期、成長期
...さらに詳しい情報はコチラ


認知症のケア学ぶ 岡山で介護講演会 - 山陽新聞

認知症のケア学ぶ 岡山で介護講演会
山陽新聞
回想法は懐かしい写真や歌などに触れ、思い出を語り合う療法。1960年代に米国で始まった。 島根県内の公民館などで実践する鈴木医師は「昔話、苦労話、自慢話は脳を活性化させる」と説明。昭和30年代の街角の風景や子どもたちの日常を撮った写真をスクリーンに映し「顔の ...


薬漬けにされています
うつ病と診断されて6年目になります。心療内科に通っていますが精神安定剤、神経調整剤、抗鬱剤、眠剤などを飲んでいますが薬ずけになっていろんな副作用がでています。のどが渇くとか眠気が来るとかはまだ良いほうで

調子に乗って良い気になっている?:maaa's 覚え書き:So-netブログ
最近トラックバックされた記事. 認知療法の本ー続き ? ブログを作って読者登録. このブログの更新情報が届きます. すでにブログをお持ちの方は[こちら]. 読者になる(RSSに登録). 検索ボックス. maaa さんの記事から. 読んでいるブログ(RSS) ...

認知症のケア学ぶ 岡山で介護講演会 - 山陽新聞地域ニュース
学習集会「認知症の人の人権と介護の視点」(NPO法人地域人権みんなの会主催)が5日、岡山市北区春日町の市勤労者福祉センターであり、島根・出雲市民病院の鈴木正典医師が認知症ケアに効果があるとされる「回. ... 昭和30年代の街角の風景や子どもたち の日常を撮った写真をスクリーンに映し「顔の表情から気持ちやせりふを考えて。お互いに方言で語り合うのがポイント」などと話した。 介護職ら約120人が聴講した。 【詳しくは山陽新聞紙面をご覧ください。】 ニュース 関連キーワード 認知症 ...

売れ筋商品3
売れ筋商品32
売れ筋商品30
売れ筋商品13
売れ筋商品2
売れ筋商品21
売れ筋商品12
売れ筋商品17
売れ筋商品27
売れ筋商品10
売れ筋商品47
売れ筋商品48
売れ筋商品24
売れ筋商品44
売れ筋商品40
売れ筋商品20
売れ筋商品43
売れ筋商品22
売れ筋商品11
売れ筋商品8
売れ筋商品39
売れ筋商品23
売れ筋商品34
売れ筋商品35
売れ筋商品14

DTIブログって?

次のページ